金沢 東山ひがし茶屋街


c0250634_2316348.jpg

金沢の旅
江戸時代から栄えた東山ひがし茶屋街です。

石畳の通りに艶やかな格子戸の家並みが建ち並びます。
雰囲気がってなんとも美しくて。



c0250634_23182686.jpg

明治時代初期に建てられた町家
茶屋街は和の素敵がたっぷり。



c0250634_23193629.jpg

町屋を利用したオシャレなショップやカフェは
心がくすぐられとても楽しかったです。
こういう茶屋街って最高に好きです。

芸妓さんなどもいらしてどこからか
三味線の音も聞こえるそうですが
聞くことはできませんでした。残念。



c0250634_23205442.jpg

人力車の人



c0250634_23191424.jpg

並んでこちら☆のお店へ
麩(ふ)の入ったお雑煮は絶妙な塩加減が
とっても美味しかったです。
並んで待った甲斐がありました。^^

金沢は美味しいものがいっぱい♪
街も素敵で、やっぱり北陸金沢って好きです。

また行きたいな♪




金沢の旅これにておしまいです。
とても拙かったですが
たくさんお付き合いくださいまして
本当にありがとうございました♡



***
[PR]
by rakafleur | 2017-04-16 00:00 | 富山/金沢/能登/北陸

金沢 俵屋あめ


c0250634_02542.jpg

金沢で一番古い俵屋のあめ屋さんに行きました。

着いた時には感動♡
木造とのれんがなんとも素敵。。。

お砂糖は一切使わずお米と大麦で作ったあめは
穀物の甘味がたまらなく美味しい♡



c0250634_0264486.jpg

住宅街にあるのに
日本人から外国人まで、お客さんはひっきりなし。


小さい頃、お土産にいただいたこともあって
再び懐かしい味にも出会えたのでした。




***
[PR]
by rakafleur | 2017-04-15 00:28 | 富山/金沢/能登/北陸

c0250634_22101340.jpg

金沢一日目は「ゆっくりしましょう。」と
夕方にはステイ先の能登半島は和倉温泉へ。



c0250634_22105886.jpg

温泉街をぐるりと囲む日本海七尾西湾。とっても複雑な地形。
能登島も眺めながらお散歩しました。



c0250634_22112929.jpg




c0250634_22164682.jpg




c0250634_2217392.jpg

湾も夕暮れもとても綺麗でした。



c0250634_22172896.jpg

日が落ちるとさすがに寒くてお宿に戻り、ゆっくり温泉に入りました。
いいお湯で心身ともに温まりました♪

お夕食は北陸の食材を使った豪勢なお料理を北陸のお酒と共に。
北陸の魚介類もお酒もやっぱり美味しい~~~♪
たくさん食べるものがあってさすがの私も食べきれませんでした。(笑)


翌朝には金沢に戻ったのですが、最後に見た七尾西湾にもうビックリ!!
風も波もなく、水面には空が一面に映っていて
まるで写真で見たウエニ塩湖のような神秘的な景色!!!

まさしく天空の鏡であまりにも感動した私は
思わず泣きそうになりました。(写真がないのが残念)



温泉以外は何もない所ですが
こんなにも素晴らしい景色が見られるなら何もいらないですね。
財産だと思う。



****
[PR]
by rakafleur | 2017-04-06 22:20 | 富山/金沢/能登/北陸

日光東照宮の秋 らすと


c0250634_2264956.jpg

日光東照宮の秋#2からの続きです。

奥宮へ続く長い石の階段を登りました。
(もっと下から登り随分の距離があります)



c0250634_227101.jpg

その階段は、一枚一枚が一枚石になっています。



c0250634_2275534.jpg

到着♪



c0250634_22103689.jpg

そして、こちらは・・・
あのお方のお墓への扉。



c0250634_22113371.jpg

徳川家康の眠る奥宮宝塔(墓地)



c0250634_2212136.jpg

長い階段を今度は下り、唐門そして本堂へ。
中へ入ると、またまた物凄い人人人。。。

建物も立派で圧倒されっぱなし。

日本人はもちろん、欧米人も大勢でした。


そして本地堂では、
天井に龍が描かれている下で
鳴き龍を聞きました。

住職さんが
龍の下で「カン!カン!」と木と木を叩くと
天井から本当に鳴き声みたいな大きな鈴のようなの音が
ものすごく響いていて不思議でした。

(いずれも撮影は禁止)



c0250634_2229374.jpg

鳴き龍で一緒になったカナダからいらしたご夫婦。

鳴き龍での待ち時間に少しお話をしました。
ご主人は日本語がとてもお上手でした。

日本と着物が大好きで、着物で東照宮を訪れることを
とても楽しみにされていたそうです。
ご夫婦とも本当に似合っていらして笑顔がまた素敵でした。

カナダへ行った時のお話をすると
喜んでくださいました^^
少しの出会いでしたが、旅のいい思い出です。



c0250634_22344933.jpg

後ろ姿ですがお綺麗な巫女さんでした♪



c0250634_22353385.jpg

お参りをした証に
3つの御朱印をいただきました。
(全部で6ヶ所、それぞれ異なる御朱印です)

中でも日光開山1250年記念と
御鎮座400年の御朱印はまた感動でした。

御朱印を集められるカメラお友達から
観光スタンプとは違って
神様と同じなのよと教えていただいたので
末永く大切ににしたいと思います。



c0250634_22381244.jpg

日光二荒山神社

訪れて知ったのですが
縁結びの神様で、ちょうど「良い縁まつり」をやっていて
こちらでいただいた御朱印が
「まつり限定御朱印」のものだったようです。(笑)

これからの人生で会う方も
いい出会いでありますように☆


日光を後にして
(それが、日光駅に向かうバスが満席満席で何度かお見送り)
再び、宇都宮へ餃子巡り♪2件のお店に行きました。(笑)

最後のお店は
餃子とワインをいただくオシャレなお店でした。
純粋に餃子をいただきたかったので
おビールにしました。(笑)


日帰りでしたが
リフレッシュができとっても楽しかったです。

また行きたい♪


拙い記念写真になりましたが
お付き合いくださいましてありがとうございました!!


00000010_13281537.png



More…INDEX
[PR]
by rakafleur | 2016-11-09 23:00 | 栃木 | Comments(2)

日光東照宮の秋 #2


c0250634_1552517.jpg

日光東照宮の秋#1からの続きです。


東照宮は平成の大修理中。
それでも、独特な建物に圧巻しっぱなし。



c0250634_15534988.jpg

たくさんの灯篭は雰囲気がありました。



c0250634_15542538.jpg

三神庫



c0250634_15543997.jpg

神厩舎・三猿

工事中でしたので
レプリカでした。

 
c0250634_16324631.jpg




c0250634_16274090.jpg

廻廊
全体になりましたが
一枚一枚の板に花鳥の彫刻でした。



c0250634_16303365.jpg




c0250634_16322366.jpg




c0250634_16482724.jpg

眠り猫
こちらも工事中につきレプリカ

ここをくぐり・・・



c0250634_15562100.jpg

菊のような彫刻の扉のある門から

奥宮へ向かいました。



つづく。



00000010_13281537.png


[PR]
by rakafleur | 2016-11-08 16:50 | 栃木 | Comments(0)

日光東照宮の秋 #1 sanpo


c0250634_11263996.jpg

少し前になりますが
日光・宇都宮へ行ってきました。


まずは宇都宮で
名物の餃子でお腹のこしらえをして日光へ。

日光駅前
お天気に恵まれました!



c0250634_1131188.jpg

400年を迎えた日光東照宮です。
樹齢400〜800年神杉に包まれていて
神々しい。。。



c0250634_1131223.jpg

奥日光では紅葉が見頃。
こちらは、ちょうど紅葉が始まった頃。

赤と緑のグラデーションが綺麗でした。



c0250634_11324574.jpg

神宮と紅葉がかっこよくて。。。



c0250634_1147461.jpg

独特な五重塔



c0250634_11484039.jpg

表門
こちらも立派な神杉に圧巻です。。



c0250634_11485539.jpg

チケットを購入する前に
気になった一枚

灯篭がずらり。



c0250634_11491076.jpg

表門をくぐり中へ

ここにも灯篭がかっこよくて。。


つづく。



記念撮影になってしまいましたが
お送りしたいと思います。
お付き合いいただけると嬉しいです。

また、インスタでご一緒の方は
お出ししていました同じ写真で申し訳ないです。




00000010_13281537.png


[PR]
by rakafleur | 2016-11-07 12:08 | 栃木 | Comments(2)

らかのフォトライフです。『Amour Tendre』(アムール タンドゥル)はフランスの花の色言葉から大好きな桃色より「優しい愛」。優しい幸せなひとときが流れてほしい・・・そんな想いを込めて。30代神奈川在住。since 2012


by らか
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30