北極圏トロムソ島からの景色 sanpo

c0250634_159490.jpg

再び、ノルウェー・トロムソです。
少し長いですがお付き合いいただけると嬉しいです。

前回の記事、トロムスダーレン教会側から
トロムソ橋(全長1036m)を渡ったトロムソ島から見た
ノルウェートロムソ本土の風景です。


c0250634_1593494.jpg

11:22am
ポーラーナイトで徐々に薄暗くなりまた神秘的。
三角形の建物は、そのトロムスダーレン教会です。


c0250634_1510395.jpg

トロムソ橋と独特な山脈。
この橋を渡っていると結構高く、気持ちのいい眺めでした。


c0250634_15113829.jpg

本土と静かで穏やかな海面。


c0250634_15121788.jpg

風景の中に、クルーザーも絵になっていました。。。

日本でもお高いクルーザー。
世界一?物価の高い北欧は
いったいおいくらするのでしょうか。。(笑)
ちなみに、500mlのペットボトルのノンガスウォーターが
1本辺り普通に700~800円するくらい何でも高いです。
もちろん、水道水は飲めちゃうお国です。



c0250634_1513745.jpg

スマホからの一枚。
12月は、日の出日の入りの時刻がありませんね。
ここトロムソも、オーロラベルトの下に位置しています。
そんな北極圏内なのに、メキシコ湾暖流の影響で
日本よりも暖かかったのでした。


Tromsø No


Thanks*
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ








***ここからはトークです。良かったらお付き合いください。***

この日のクリスマスランチは、美味しいサーモンやクリスマス限定地ビールをいただき、
午後は、お散歩やインフォメーションで「北極圏到達証明書」(有料)を
発行してもらいました。
もちろん、日付や名前も入れてくれるので良い記念になりました。
(行かれる機会の人はぜひオススメします!)

この日の夜は、ラストのオーロラチャンス。
しかし、あいにくの曇がかかっていて、この街でのオーロラは期待できなかったので
現地のオーロラツアーに申し込みました。

この日は、フィンランドで見えるということで向かいましたが、
国境付近で満天の星空の下、
派手ではありませんでしたが広範囲で緑色のオーロラが出現!!
見ることができました!!!

流れ星もいくつも現れ、天然プラネタリウムとしても最高~。
感動のクリスマスオーロラになりました。

ツアー代は高いですが、その価値、甲斐があります。
機会がおありで、その日のオーロラが難しい場合は、こちらもオススメです。
サボり気味の日本人スタッフもいました。(笑)


オーロラは必ず見れるとは限りなく、
見る方に集中したかったのでサッと撮った程度で
オーロラフォトはなくてごめんなさいね。^^

不思議なのですが、私にとって写真は
「心で生写真を撮ることもすごく大事」だったりします。
まさしくオーロラはそんな感じでした。^^

最後まで、お付き合いくださってありがとうございます。
まだ続きますのでぜひ見てくださいね。^^
[PR]
by rakafleur | 2014-03-18 15:45 | Scandinavia/海外